2011年03月29日

誕生日!

3月23日は劇団「BREATH」の誕生日でした。

1995年に音楽座の「とってもゴースト」を観て感動し、劇団「BREATH」の骨格(制作部)を創るのに奔走したことを
思い出します。
そして、1996年3月23日に発足式をし、その年の6月に第1回オーディションを行いました。
演目は「TIME…未来の声がきこえる」

あれから16年が経ちました。
現在は記載したようにキャスト(役者)を解散し、今月の27日には今後の「BREATH」はどうあるべきかを制作スタッフ
で話し合いました。

「やっぱり『BREATH』は芝居を通じて何かを伝えるべき」という声が多く、今年5月迄には企画書を持ち寄り、再度話し
合うことになりました。

もちろん舞台有りきの企画になるでしょう!
その時はちゃんと「BREATH」OBには連絡します。

むふふ…
「BREATH」衣裳部には沢山着物が眠ってるからなぁ…。
※タカちゃん、倉庫提供ありがとう<m(__)m>

頑張れ人間!!
posted by sarusaru at 14:38| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

劇団「BREATH」に携わる皆様へ

まず、今回の東日本を震え上がらせた地震による被災者の方々に哀悼の意を表します<m(__)m>
同じ日本に生まれ、天災で苦しんでいる皆様のニュースに触れると胸が痛く、一日も早い復興を望みます。
本当に悔しい思いでいっぱいです。

劇団「BREATH」に携わる皆様へ
先日、総会を開き「NEVER」公演に基づく収支決算報告と今後の「BREATH」についてお話致しました。
その後、沢山の方から『「BREATH」解散したんだって?』というお言葉を頂きました。私も短期間でお話したので
「誤解があった」と感じ、ここに改めて書きこむことに致しました。

劇団「BREATH」は発足して15年が経ちました。
1年目、官民一体型モデル団体と言われながら、担当者が変わる度に「BREATH」規約等が引継ぎされてなく、またゼロから
規約改正を行い大変でしたが、やはり「継続は力なり」。
15年目にしてやっと「BREATH」は行政(教育委員会)条例に取り入れられることになりました。内容等については
総会でお話したとおりです。

しかしブレスは現在、制作部(企画、広報、渉外部門)・事務局(総務)スタッフが少なく、私を含め一人の団員が何役も
こなさなければ運営できない状況です。もちろん、この状態になった経緯には様々な問題があり、それを回避出来なかった
自分に責任を感じております。
この状態を反省し制作部の立て直しを図りたいと思っています。

「BREATH」の基本は大ホールでのミュージカル公演。そのミュージカルを成功させるには制作部の力が必要不可欠なのです。
もう一度原点に戻り、強い制作部を復活させたい。もちろんそれは異業種交流にも繋がり、官民一体型モデル団体として活動を
続ける正しい道だと思うのです。

一度キャスト部門を解散させたのも、うちのキャストはスタッフではなく役者なんだという強い想いからです。
役者として「BREATH」以外の世界を見てほしいし、個々に劇団を創り活動してほしい。
そのためになら私は何でも協力しますよ!

劇団「BREATH」はプロデュース団体へと変化致しますが、私の舞台を想う気持ちはもちろん全く変わりません。
何年か後には、また皆さんと大ホールの板の上で一緒に舞台を描きたい!そう願っています。

大切なのは「決断と前進」です。

頑張れ人間!
posted by sarusaru at 18:24| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。