2010年12月24日

ホワイトクリスマス!

一面真っ白に雪化粧した旭川!
今日はお昼から市役所に行って来ました。
久しぶり西川市長や坂東園長、立花部長に逢えてよかったぁ。
何しに行ったのかは道新を見て頂ければ分かると思います<m(__)m>

では、「NEVER」の軌跡の続きです!

立ち稽古!
台本を見ながらの立ち稽古は、まだ解釈云々を問うというものではありません。
とりあえず動線を作る作業。
演出家によっては感情移入するまで立ち稽古しない方も居ますが、私は台本とキャラクターの個性作りを並行してやります。
まぁ作・演出だからそうする訳ですが、本来は台本を熟知して、椅子に座って動きが想像出来てから立つのが主流です。

何はともあれ、プロローグの動きから説明!
シーンは旭山動物園慰霊碑の前。
「何故慰霊碑?」と思われるかと思いますが、今回の舞台は過去に旭山で生きた精霊がストーリーを引っ張るミュージカル。
天国と下界(この世)は次元は違えど、同じ場所に存在するという設定。そのため慰霊碑は無くてはならなかったのです。

舞台を創りあげる上で一番大切なのは構成。
今回の舞台は「動物慰霊碑」「製剤会社」「天国」「Bar」「旭山動物園正門」が出てきました。
舞台美術と音楽、衣裳でも楽しめるのがミュージカル。
その裏側は、お客様に想定出来ない壮絶なもう一つの物語が存在しているのです。

それはまた後程……

頑張れ人間!
posted by sarusaru at 18:23| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

オーディション!!

「BREATH」は、官民一体型モデル団体として行政と交わした規約の中に「オーディションをしなければならない」
という項目があります。

「オーディション?市民団体なんだから全員出しなさいよ!」「偉そうに!」と言われたり…まぁ嬉しい限り。
何故オーディションをしなければならないのか?
それは公演までの約半年の稽古に耐えられるかを判断するものなのです。体力的に仕事スケジュール、家庭事情を見聞きして
判断させて頂いてます。
短期間ならいいんですが、一年間家族になるもんだから…ほら色々とね。

さて今回の「NEVER…未来へ繋げるものは」のオーディションは大々的に行いました。
それで旭川事情が良く分かりましたぁ。
これからは、その結果を心の糧にして日々精進して参りたいと思います。

さぁ5月から本格的な稽古が始まりました。
舞台・映像・照明・衣裳関係の打ち合わせは、もっと前から行ってましたが、役の稽古は極力稽古時間を減らし、個々の
負担を最小限に抑える努力をしました。
しかし、本番を前にして怪我や仕事等で退団するメンバーを出してしまい、まだ日程的に劇団と本業が両立出来ないスケジュール
だったんだなぁと反省。

待ちに待った脚本が5月に完成し、稽古場を移動し「NEVER」公演は動き出しました。
まず演出として団員に告げたのは「旭山動物園について個々に調べて下さい」でした。
舞台内容を自分的に分析し判断することは、どの様な脚本でもとても大切です。
旭山動物園くらぶの会員になり、飼育展示係の方に総合動物舎について説明も受けました。
この舞台は旭山動物園の良さを直に感じ、色々なことを団員と話し合い、価値観を摺り合わせ、一つ一つのシーンを描いていくのです。

…そして、立ち稽古が始まりました。

続く

頑張れ人間!!
posted by sarusaru at 16:57| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

ご無沙汰してました。

渡部ものささやきを最後に書いたのは東京のホテルでした。
翌々日に行う「NEVER」公演の準備中、夜な夜な書いたのが最後…沢山の方に「更新してないよ」と言われ
書こう書こうと思いつつ、何やかんやあってホント申し訳ないかぎりです。
掲示版で東京公演裏事情!を書きますと言っておきながら…<m(__)m>

裏事情を書く前に「NEVER」公演がどうやって生まれたのか…その話を書こうと思います。

2009年秋から始まった「NEVER」公演に伴う稽古前のミーティング。今思えば喧々諤々でしたね(笑)

「あまりにも役者が少ない!」
「稽古場はどうするの?」
「東京公演?…無理でしょ。誰がチケット売るの!」
「旭山動物園のメッセージ?…映画の劇場版(汗)?」
「…やっぱ無理よ。無謀すぎる」
「テーマが大きすぎる!」

まぁ色々言われました。
確かに見切り発車は後に大赤字に繋がるし、信用問題にも発展しかねない。

「そんなこたぁ〜分かってます!」

と、啖呵を切ったまではよかったものの…それからが大変でしたねぇ。

「WSやらなきゃ」
「旭山動物園の資料集めなきゃ」
「坂東さん、小菅さんに話を聞いて…」
「役者募集しなきゃ」
「稽古場…」
「そう予算…予算作らきゃ」
「春までに脚本書けるのか?」
「うわぁ…違う仕事入ってきたぁ(汗)」
「年末だぁ…ハート…ハート…」

そんな目まぐるしい日々を送っていると、いつも思うことがあります。

神様は自分を試している!

神様「お前…出来るのかぁ?許容範囲超えてるんじゃないの?…無理なら無理と懺悔しろ〜!」

と私を攻め立てるのです。
でも最近その忙しさが好きになりました。
なんで?
それは…前を向いて歩いていれば必ず出逢えるからです。
自分と別の価値観を持った方々と出逢えるからです。
もちろん前向きな意識を持った人とね。

これが「NEVER」公演の始まり、いや、「NEVER」という演目も決まってないある秋の日の出来事です。

続く

このささやきは「BREATH」ミュージカルを観て頂いた皆さん、観ようと思って観れなかった皆さん、そして劇団員へ捧げます。

頑張れ人間!
posted by sarusaru at 16:41| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。